スポーツ

Trending:


落合博満氏、「サンモニ」で「史上最年少」200号到達のヤクルト・村上宗隆を分析「まだ物足りない…伸び悩んでいるのかな」

元中日監督の落合博満氏が19日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜・午前8時)に生出演した。 番組では15日の「JERAセ・リーグ」でヤクルト・村上宗隆内野手が広島戦で史上最年少の24歳3か月で通算本塁打200号に到達したことを報じた。 村上は1992年に清原和博(西武)が記録した24歳10か月を更新したが落合氏は、今季の村上について「まだ物足りない部分は...


「日本人は美しい…」 バレー古賀紗理那、試合後の“神対応”に「観衆のアイドル」と海外絶賛

ネーションズリーグ開催中 バレーボールのネーションズリーグ(NL)女子1次リーグが開催中。世界ランキング9位の日本は、パリ五輪出場権獲得へ重要な戦いが続いている。そんな中、日本のエース古賀紗理那がトルコでファンに対応した際の姿が欧州メディアに取り上げられ、海外ファンからも「女王のふるまいだね」「日本人はとても美しい…」などと絶賛されていた。 世界ランキング1...


長崎県陸上選手権男子100 山崎(環太平洋大)大会新で初V 遅咲きのスプリンター

陸上の長崎県選手権第1、2日は17、18日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で行われ、男子100メートル決勝は山崎一沙(環太平洋大)が無風の条件下で10秒38の大会新をマークして快勝した。従来の記録を0秒02縮めた。植松康太(中大)が10秒49の2位、深山創希(城西大)が10秒58で3位に続いた。 女子100メートル障害は、4月のU20アジア選手権銀メ...


渡邉恒雄「たかが選手」発言にライブドア堀江貴文参入、ハンバーグ食べながら楽天・三木谷浩史「よし、やろう」…いま明かされる球界再編の舞台裏

山室氏がライフワークとして取り組む野球史シリーズ。『1988年のパ・リーグ』に続く第5弾は球界再編騒動が起こった2004年が舞台だ。タイトルはズバリ『2004年のプロ野球 球界再編20年目の真実』(新潮社刊)である。


「最後までチャンス与えず」韓国メディア、セルティック自国選手の窮状に嘆き止まらず。日韓で明暗「日本人の割合が非常に高かった」

嘆きが止まらない。 5月18日に開催されたスコットランドリーグ最終節で、3日前の前節に3連覇を決めたセルティックは、5位のセント・ミレンとホームで対戦。旗手怜央の絶妙なアシストで古橋亨梧がゴールを奪うなど、日本人コンビの活躍もあり、3-2で逆転勝利を収めた。 一方で、オ・ヒョンギュ、ヤン・ヒョンジュンの韓国人コンビは出番がなかったどころか、メンバーからも外れ...


マジかよ!変な汗出たぜ…大谷翔平の衝撃“逆方向弾”に内野手も呆然 一塁を回った大谷に視線を移して“お手上げ”リアクション

【MLB】ドジャース 7-3 レッズ(5月17日・日本時間18日/ロサンゼルス) ドジャースの大谷翔平投手が放った逆方向への第13号ホームランに相手内野手も呆然。なんとも言えないリアクションを取った。 【映像】大谷翔平のHRに内野手“呆然”の瞬間 その表情を見せたのはレッズのファースト、キャンデラリオ内野手だ。大谷がホームランを放ちファーストベースを回った後...


2軍降格の29歳は「もったいない」 新庄監督が喝…161キロ剛球生かせず“ガッカリ”

「いい真っすぐあるのに」齋藤友貴哉の2軍調整を明言 ■ロッテ 6ー4 日本ハム(18日・ZOZOマリン) 日本ハムは18日、ZOZOマリンで行われたロッテ戦で逆転負けを喫し、引き分けを挟んだ連勝は5でストップした。初回に4点を奪うもリードを守れず、新庄剛志監督は「4点守り切れんか……。やっぱ悔しい。連敗しているときよりも悔しいかな」と落胆の色を隠せなかった。...


大谷翔平がNBA、NFLのトップスターよりも優れていると言われるワケ「オオタニには競争相手がいない」と米メディア

ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平は今季も打者として、リーグトップクラスの活躍を続けている。5月17日のシンシナティ・レッズ戦では、リーグ単独トップに躍り出るシーズン13号ホームランを放ち、7対3の勝利に貢献した。 この試合前には、ロサンゼルス市が5月17日を「ショウヘイ・オオタニデー」と制定したことも発表されるなど、グラウンド内外でさまざまな話題を提供して...


22歳になった元フィギュア女王が船上水着ショット公開 衝撃的スタイルに世界中のファン反響「超美人」「なんて長い足」

フィギュアスケート女子で18年平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワが22歳の誕生日を迎えた18日(日本時間19日)、インスタグラムを更新。船上のビキニショットを投稿した。 グレーや黒のビキニ姿でくつろぐ様子や、船上の先端で風を浴びるようにポーズを決める姿を公開。昨年も誕生日後に船上のビキニショットを投稿しており、1年ぶりとなった。 15歳で金メダルを獲得...


ドジャースが食指!駆け込みトレードの主役は「藤浪晋太郎2世」

今季のメジャーリーグのトレード終了期日は、7月31日の米東部時間16時。地区優勝を狙うチームは選手層の薄いポジションを埋めようとし、下位に低迷するチームは「主力選手」を手放して、来季以降に活躍しそうな有望な若手をもらう。そんなメジャーリーグの“夏の風物詩”が今年も繰り広げられるわけだが、主役となりそうなのが、アスレチックスの投手メイソン・ミラーだ。 「昨年4...


【カープ】九里の出場選手登録を抹消 18日に初勝利

広島東洋カープの九里亜蓮投手(32)が19日、出場選手登録を抹消された。 初めて開幕投手を務めた今季は8試合で1勝4敗、防御率3・53。18日の巨人戦(マツダ)では5回1/3を2失点に抑え、今季初勝利を挙げていた。


落合博満氏、「サンモニ」で大谷翔平について膳場貴子アナから「三冠王の可能性もあるんですか?」と聞かれ即答「まだ話題にするには早すぎる」

元中日監督の落合博満氏が19日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜・午前8時)に生出演した。 番組では大谷が17日(日本時間18日)に本拠地・レッズ戦で3試合ぶりの13号2ランを放ち、オズナ(ブレーブス)を抜いて本塁打王争いでリーグ単独トップに再浮上したことを伝えた。 打率と共にリーグ単独トップに立つ大谷の好調要因を落合氏は「センター方向に打球が飛んでいる...


ドジャース完封勝ち 大谷翔平は移籍後初の1番先発も自身8試合ぶり出塁なし

◆米大リーグ ドジャース4―0レッズ(18日・米カリフォルニア州ロサンゼルス=ドジャースタジアム) ナ・リーグ西地区首位のドジャースが同中地区4位のレッズに完封勝ち。先発のW・ビューラー投手(29)が6回3安打無失点の好投。右肘トミージョン手術を乗り越え、2年ぶりの白星を挙げた。 「1番・DH」で先発出場した大谷翔平投手(29)は4打数ノーヒット。無安打は2...


落合博満氏、「サンモニ」で川上哲治氏の「通算安打」を抜いた巨人・坂本勇人に期待「張本さんの3000本を抜いてもらいたい…行く可能性はある」

元中日監督の落合博満氏が19日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜・午前8時)に生出演した。 番組では12日の「JERA セ・リーグ」で巨人の坂本勇人内野手がヤクルト戦で打撃の神様・川上哲治氏に並ぶ通算2351安打をマークしたことを報じた。 スタジオでは「通算安打ランキング」を紹介。1位は張本勲氏の3085安打。坂本は18日終了時点で2358安打で13位。...


「引退はまだ…」24歳の〝妖精〟杉原愛子の冒険は終わらない 3度目五輪逃しても補欠でパリ帯同、若手支える【体操NHK杯】

床運動の演技をする杉原愛子(撮影・中村太一) ◆体操 NHK杯(18日、群馬・高崎アリーナ) 7月に開幕するパリ五輪の代表最終選考会を兼ねて女子の個人総合2回目が行われ、5位でスタートした杉原愛子(TRyAS)は210・359点で5位となり、3大会連続出場はならなかった。「パリ五輪を目指してやってきた。代表になれなかったことはめっちゃ悔しいです…」と大粒の涙...


【阪神】今季4度目&1週間に3度の1―0勝利に岡田彰布監督「もうシャットアウトするしか勝つのないやん」

◆JERAセ・リーグ 阪神1―0ヤクルト(18日・甲子園) また虎の子の1点を守り切った。阪神・岡田彰布監督(66)は、4万2600人が詰めかけた甲子園を見渡し、両リーグ最多で今季4度目の1―0勝利をかみしめた。1週間に3度の1―0勝利は02年4月以来、22年ぶり。今季、1得点の試合は4勝3敗2分けだ。「4回に(大山の先制打で)1点を取った時に『今日は1―0...


4号ソロHRで支配下登録へ前進!?岡本和真/坂本勇人に割って入る存在に阿部監督も成長期待の巨人2軍に潜む強打者とは!?

岡田悠希が決勝の三塁適時打で直近5戦打率.375 5月18日、CAR3219フィールドで行われたイースタン・リーグの西武ライオンズ戦に、「3番・右翼」で先発出場した岡田悠希は、4打数2安打1打点1四球。決勝のタイムリースリーベースヒットを放つなど、マルチヒットを記録。直近5戦打率.375と打撃好調で1軍再昇格へアピールした。 3回、2アウト走者なしの場面で打...


津田学園と菰野が準決勝進出 春季東海地区高校野球 三重

第71回春季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催)は18日、岐阜県可児市のカヤバスタジアムなどで1回戦4試合があり、津田学園(三重1位)が7―6で市岐阜商(岐阜2位)に、菰野(三重2位)が9―7で享栄(愛知1位)にそれぞれ勝ち、県勢2校が準決勝進出を決めた。 準決勝2試合は19日、岐阜市の長良川球場であり、菰野は第1試合で県岐阜商(岐阜1位)と対戦。津田...


舞の海氏「がさつで自分のことしか考えてなかった」

大相撲夏場所7日目(18日、両国国技館)平幕湘南乃海(26)は5度目の対戦で初めて金峰山(26)を上手投げで下し1敗を守った。「攻める気持ちでいった。やるべきことに集中した」とうなずいた。 NHKでテレビ解説を務めた舞の海秀平氏(56)=元小結=は「最後、塩を取りにいってタオルをもらいますよね。タオルで体をふいた後、そのタオルをきれいに畳んで水を切って呼出し...


「大谷翔平は7億ドルのバーゲン品だ」NY紙の著名記者が絶賛「“冬のベストムーブ”は他に誰がいる?」2位に今永昇太、山本由伸は16位に

ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平が“冬のベストムーブ”に選ばれた。米紙『New York Post』の著名記者、ジョン・ヘイマン氏が今シーズンの新戦力を対象にしたランキングを発表。1位に大谷を選び、2位にはシカゴ・カブスの今永昇太を選出した。 大谷の選出については「他に誰がいる?」と記して、文句なしの1位だったことを強調。「賭博スキャンダルを乗り越え、打率...


落合博満氏、「サンモニ」で「あっぱれ」連発の中畑清氏に突っ込む「お前甘いな」

元中日監督の落合博満氏と元DeNA監督の中畑清氏が19日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜・午前8時)に生出演した。 番組では12日の「JERA セ・リーグ」で巨人の坂本勇人内野手がヤクルト戦で打撃の神様・川上哲治氏に並ぶ通算2351安打をマークしたことを報じた。 スタジオでは「通算安打ランキング」を紹介。1位は張本勲氏の3085安打。坂本は13位で12...


「もう十分です」阪神・岡田監督が好投のビーズリーねぎらう 予告先発の才木浩人に「とにかく初回から全力でいって」

◇プロ野球セ・リーグ 阪神1-0ヤクルト(18日、甲子園球場)


巨人の敗因は秋広の第1打席左飛 右方向へ打つべきところ、一日の流れも悪くした失敗…高木豊氏

◆JERA セ・リーグ 広島4―3巨人(18日・マツダスタジアム) 毎回の14安打を打ち、常に得点圏に走者を置きながら3点しか奪えずに敗戦。厳しいことを言うが、敗因は2回の秋広の第1打席にある。 無死一塁でバントではなく強攻の指示。ここで秋広は左飛に倒れた。次の打席で一、二塁間を破るヒットを打ったように右方向へ打ってほしかった。たとえ、それが右飛や二ゴロ併殺...


【オークス】昨年は馬単的中の木之前葵騎手「本当に強い!」あの馬で勝負「今年は3連単を当てたいな」

◆第85回オークス・G1(5月19日、東京競馬場・芝2400メートル) オークスはステレンボッシュを◎にしました。前が開いてから鮮やかに抜け出した桜花賞。首差及びませんでしたが、最速の上がりで迫った阪神JF。G1の2戦を見ても、本当に強い! のひと言です。初めての2400メートルですが、スローの瞬発力勝負になりやすい傾向のレースで、しっかり脚をためられるタイ...


広島投手とコーチの大喧嘩…鬼軍曹が仲裁「やめい!」 酔い吹っ飛んだ“相撲部屋直行”

山本浩二監督になった1989年、白武佳久氏は池谷コーチと口論になった 1989年シーズン、広島監督にミスター赤ヘル・山本浩二氏が就任した。中日・星野仙一監督が就任1年目(1987年)にユニホームをメジャーリーグのドジャースモデルにしたように、山本カープもレッズモデルに変更。乱闘騒ぎもあった山本広島と星野中日の“親友対決”は話題にもなった。先発もリリーフもこな...


【巨人】新助っ人・ヘルナンデスが「6番・右翼」で来日後初の守備に…イースタン・西武戦のスタメン発表

◆イースタン・リーグ 西武―巨人(19日・本庄総合公園市民球場) 巨人は19日、イースタン・西武戦のスタメンを発表した。新外国人のエリエ・ヘルナンデス外野手が「6番・右翼」で先発出場し、来日後初の守備に就く。巨人のオーダーは以下の通り。 1(中)浅野 2(二)中山 3(左)岡田 4(三)ティマ 5(D)増田陸 6(右)ヘルナンデス 7(一)郡 8(捕)喜多 ...


ソフトバンク山川穂高が割り切った〝最低限〟の空振り三振 「ゲッツーは絶対駄目。近ちゃん頼む」 近藤健介への信頼感と小久保監督の理解

初回に三ゴロで打点をマークしたソフトバンク山川(撮影・西田忠信) ◆ソフトバンク3―2西武(18日、みずほペイペイドーム) ソフトバンクは近藤健介外野手(30)の6号逆転2ランで3連勝を飾った。柳田悠岐外野手(35)から始まった8回の攻撃。山川穂高内野手(32)は空振り三振に倒れたが、クリーンアップの力でもぎ取ったチームの勝利を喜んだ。 1点を追う8回。西武...


【移籍】マンチェスター・ユナイテッドが「22歳の日本人アタッカーをスカウト」

パリ五輪の10番候補。 イングランド・マンチェスターユナイテッドが2024-25シーズンに向けた今夏の移籍マーケットで、デンマーク1部(スーペルリーガ)のブレンビーIFに所属している鈴木唯人(Yuito SUZUKI)に注目している。スカウティングを続けきたといい、獲得に動く可能性が浮上している。 『フットボール・トランスファーズ』が5月17日、「マンチェス...


「一番やってはいけないことが頭にあった」投手が首を振っても貫いた直球のサイン、ソフトバンク海野隆司が見せた成長の証し

3回1死、西武ベンチに滑り込みながら源田の打球を好捕する海野(左から2人目)(撮影・穴井友梨) ◆ソフトバンク3―2西武(18日、みずほペイペイドーム) サインは決して変えなかった。ソフトバンクの海野隆司捕手(26)が先発マスクをかぶって勝利に貢献した。今季はスタメンの機会が増える中、経験を積んでいるからこその判断も見せた。 1点を追う中で、8回2死一、二塁...


大谷翔平、第3打席は左飛 2打席連続チャンスで凡退 ドジャース移籍後初の1番スタメン

◆米大リーグ ドジャース―レッズ(18日・米カリフォルニア州ロサンゼルス=ドジャースタジアム) ドジャース・大谷翔平投手(29)が18日(日本時間19日)、本拠地・レッズ戦に「1番・DH」で先発出場。5回1死二塁の第3打席は左飛だった。二ゴロに倒れた3回2死三塁の第2打席に続き、2打席連続でチャンスに一本出なかった。 1番スタメンはエンゼルス時代の昨年7月8...


「米国人は日本人選手から学べる」 1試合で何度も…今永昇太の行動に称賛の声

マウンドでの“珍しい”振る舞いをMLB公式Xが注目 ■シカゴ 1ー0 パイレーツ(日本時間19日・シカゴ) カブス・今永昇太投手の振る舞いがファンを魅了している。18日(日本時間19日)の本拠地・パイレーツ戦では7回無失点と好投し、防御率は0.84でメジャートップ。圧倒的な投球もさることながら、MLB公式X(旧ツイッター)はマウンドでの“日本流”の行動に注目...


盛岡商、十回に底力 春の高校野球・岩手県大会

第71回春季東北地区高校野球県大会第2日は18日、盛岡市のきたぎんボールパークと花巻市の花巻球場で1回戦5試合が行われ、盛岡商が延長十回タイブレークの末、昨秋県3位の盛岡中央を6-3で下した。一関二は秋ベスト4の水沢工を2-0で退け、盛岡一は盛岡工に10-7で打ち勝った。 盛岡誠桜は5-0で一関工に完封勝ちし、久慈東は15-1の六回コールドで北桜との同地区対...


カブス今永昇太、また米メディア笑わせた「スモールアイスラテか、ミディアムアイスラテか…」

◆米大リーグ カブス1×―0パイレーツ(18日、米イリノイ州シカゴ=リグレーフィールド) カブスの今永昇太投手が18日(日本時間19日)、本拠のパイレーツ戦で先発し、7回無失点4安打1四球7奪三振の快投を見せた。鈴木誠也外野手は「2番・右翼」でスタメン出場した。今永は勝敗はつかなかった。 今永はメジャーデビューからこの日が9試合目。無傷の開幕5連勝をマークし...


【阪神】岡田監督、青柳晃洋2軍登板は「ないやろそれは。今度はあれや、もう交流戦や」一問一答2

<阪神1-0ヤクルト>◇18日◇甲子園 阪神が接戦をものにした。4回無死一、二塁で4番大山悠輔内野手(29)が、先制の左前適時打。これが決勝点になった。前日17日に自身23打席ぶりの適時打を放ち、これで2試合連続打点。浮上のきざしを見せた4番の一打が勝利に直結した。先発ジェレミー・ビーズリー投手(28)は、今季1軍初先発で5回無失点。7奪三振の快投で今季初勝...


長谷部誠、フランクフルトで現役最終戦…今後は指導者の道を計画も「しっかり休んで考えたい」

【フランクフルト(独)=平地一紀】サッカーの元日本代表主将で、ドイツ1部リーグ、フランクフルトのMF長谷部誠(40)が18日、現役最後の試合となるホームでの今季リーグ最終戦に交代出場し、20年以上のプロ生活に別れを告げた。試合後は、長く場内の声援を浴び、「今、自分自身で誇りに思えるのは、本当に最後まで、自分のやるべきことをやってきたということ」と納得の表情を...


空手・清水希容が現役最後の演武…引退のきっかけは両膝のけが、今後は「常に空手が横にある人生」

2021年東京五輪の空手女子形の銀メダリストで、現役引退を発表した清水 希容(きよう) (30)(ミキハウス)が19日、兵庫県の尼崎市記念公園ベイコム総合体育館で、最後の演武を披露した。空手への思いを「生涯を掛けて技術を磨いていきたいと思える。人生を変えてくれる大きなもの」と語った。 大阪市出身で、小学3年で空手を始めた。全日本選手権は2013年から19年ま...


専大松戸、エース不在で見えた課題 第76回春季関東高校野球

千葉県大会であった笑顔はなかった。千葉の王者が初戦であっけなく姿を消した。強豪ぞろいの関東の舞台もエース不在で臨む緊急事態となり、専大松戸の中山凱主将は「打線がもっと援護しなければいけなかった」と無念さをにじませた。 苦しい試合だった。梅沢翔大が左足小指を骨折し、神奈川の猛者に1年生を含む5人の継投リレーで挑んだが、力の差は歴然。「食らいついていけた」(中山...


【元大関・琴風の目】9人いた三役以上が4人しかいない非常事態「負けてすぐの休場は反省しなくてはならない」

◆大相撲 ▽夏場所7日目(18日、東京・両国国技館) 大関・霧島が日本相撲協会に「頸椎(けいつい)症性神経根症で約2週間の加療を要する」との診断書を提出して休場した。師匠の音羽山親方(元横綱・鶴竜)によると再出場はしない。2場所連続負け越しとなり、6場所在位した大関から陥落する。関脇・若元春も右足親指の負傷で休場し、三役以上9人のうち5人が不在の異常事態とな...


大谷翔平 エンゼルス時代には見られなかったワンシーン 13号にニッコニコでブルペン指さし 同僚が全力捕球→ガッツポーズ

「ドジャース7-3レッズ」(17日、ロサンゼルス) ドジャース・大谷翔平選手が13号2ランを放った際、エンゼルス時代とは異なるシーンがあった。 外角のストレートを逆らわず逆方向へ流し打った大谷。打球は左翼席の一角にある自軍ブルペンに向かって美しい放物線を描いた。するとブルペンにいた投手2人が全力で打球を追いかける。1人は客席とフェンスを隔てるブルペンに張り付...


大谷翔平と試合中に真剣議論 ロバーツ監督が明かした内容は「状況に応じた打撃」 『大谷の日』の一発を絶賛「うまくスピンをかけて打った」

「ドジャース7-3レッズ」(17日、ロサンゼルス) 五回のドジャースのベンチ。大谷向かってロバーツ監督が身振り手振りで熱弁を振るった。 この日の大谷は1-0の三回1死一塁の場面で左翼席前列に突き刺さる13号2ラン。過去に1投手では最も多い4本塁打を放っている右腕モンタスの初球、外寄り直球を振り抜き、技とパワーで逆方向へ一気に運んだ。 しかし、続く打席、2点リ...


今季初めて1番で先発のドジャース大谷翔平、4打数無安打…鋭い打球も一塁手の正面

米大リーグ・ドジャースは18日(日本時間19日)、本拠地・ロサンゼルスでレッズとの4連戦第3戦を行った。大谷翔平は今季初めて1番指名打者で先発し、4打数無安打だった。開幕から全試合で1番で先発してきたベッツが欠場し、移籍後初めてリードオフマンを務めたが、快音は聞かれなかった。試合は、MVPトリオの一角で大谷に代わって2番に座ったフリーマンが2安打、1打点、2...


国内女子ゴルフ首位の河本結 好調の要因「もう打ってると『洗脳』」

女子ゴルフの国内ツアー、ブリヂストン・レディースは18日、千葉県袖ケ浦CC袖ケ浦で第3日を行い、通算7アンダーの3位で出た河本結選手が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算11アンダーでトップに立った。 5年ぶりの国内ツアー優勝を目指す河本選手は好調の要因を問われ、「メンタルの先生と話して、(良・・・


1014億円男・大谷翔平が生んだ“今季最高”の光景 米国でも話題沸騰「大金が支払われた理由」

16日のレッズ戦 米大リーグ・ドジャースは16日(日本時間17日)、本拠地レッズ戦に今季メジャー全体で最多の5万3527人が集まったことを発表した。この日は大谷翔平投手のボブルヘッド(首振り人形)を先着4万人に配布。平日にもかかわらず、試合の数時間前から長蛇の列ができるなどしたが、驚きの光景に米ファンも「クレイジーな男だ」「彼が大金を支払われた理由だ」などと...


具志堅用高さん、井上尚弥に敗れたネリは「思ったよりハートも弱くて手が出なくなった」寺地拳四朗とトークイベント

元WBAライトフライ級王者の具志堅用高さん(68)が18日、東京都墨田区のひがしんアリーナで行われたボクシングをテーマにしたイベント「すみだボクシング祭り2024」に、WBA・WBC統一同級王者・寺地拳四朗(32)=BMB=とともに出演。エピソードトークで場内を沸かせて「ボクシングがすごく盛り上がっているのを感じる。うれしいですよ」と目を細めた。


落合博満氏と中畑清氏、「サンモニ」で「自力優勝消滅」西武を巡り対論…松井稼頭央監督に「喝」の中畑氏に落合氏が解説しスタジオ白熱

元中日監督の落合博満氏と元DeNA監督の中畑清氏が19日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜・午前8時)に生出演した。 番組では18日のパ・リーグで西武がソフトバンクに2―3で敗れ、39試合目にして早くも自力優勝の可能性が消滅したことを報じた。 今季5度目の4連敗で借金は最多の13に膨らみ、首位ソフトバンクとのゲーム差は14・5。CS圏内の3位からも6・5...


辰吉寿以輝 血だらけ判定星 父・丈一郎は辛口「教えた事をやってない」「(タイトル戦)絶対無理や」

「ボクシング・8回戦」(18日、エディオンアリーナ大阪) ボクシング元WBC世界バンタム級王者、辰吉丈一郎(54)の次男、寿以輝(27)がスーパーバンタム級8回戦でチャイワット・ブアトクラトック(32)に3-0(77-75、78-74、79-73)の判定で勝利。通算戦績を16勝(10KO)1分けとして、プロデビューからの無敗を継続した。 サウスポーのチャイワ...


巨人の新助っ人が見せた「自己犠牲の精神」 来日初実戦で打点「全体的には満足している」

◆プロ・アマ交流戦 巨人3軍1―6三菱重工East(18日・ジャイアンツ球場) 巨人の新外国人、エリエ・ヘルナンデス外野手(29)=前レンジャーズ3Aラウンドロック=が来日初実戦で結果を残した。三菱重工Eastとの3軍戦(G球場)に「4番・DH」で先発。2回先頭で四球を選んで出塁すると、4回1死三塁では2ボールから外角の変化球を捉えて右犠飛として先取点をもた...


今永昇太のある行動を米ファン絶賛「日本人は優しい」MLB公式が紹介「球審に敬意を」7回無失点で防御率驚異の0・84

「カブス1-0パイレーツ」(18日、シカゴ) カブスの今永昇太投手が先発し、7回4安打無失点の好投を見せた。打線の援護無く白星を手にすることはできなかったが、防御率は0・84まで下降。これはMLB史上、新人投手のデビューから9試合で最高の記録となったと公式サイトが伝えた。 立ち上がり、いきなり先頭打者を四球で出塁させる珍しいシーンもあったが、後続を連続三振に...


U-17日本女子、アジア杯決勝“必勝ポイント”は? 4得点の主将「強さを見せ続けたい」

U-17女子アジアカップ決勝で北朝鮮と激突 U-17日本女子代表は5月19日にインドネシアで開催されているU-17女子アジアカップ決勝の北朝鮮戦に臨む。この一戦を控えキャプテンのMF眞城美春や白井貞義監督がアジアサッカー連盟(AFC)に向けて、勝利へのキーポイントを語っている。 今大会は8チームが参加し、4チームずつ分かれたグループリーグを実施。上位2チーム...


【MLB】「脱帽だよ」大谷翔平に“通算5本塁打”のレッズ右腕が苦笑い 打ち取った直球を狙われ「実力を認めるしかない」

ドジャースの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地で行われたレッズ戦に「2番DH」で先発出場。第2打席にナ・リーグトップの13号本塁打を放ち、4打数1安打2打点の活躍でチームの勝利に貢献した。 ◆ロバーツ監督、大谷翔平の技術が詰まった13号を称賛 「逆方向にスピンをかけて大きな当たりにした」 リーグ単独トップに浮上 ■来週に「特大アーチ」再現も ドジ...