スポーツ

Trending:


「彼はあまり疲れないタイプだから」藤井聡太の師匠・杉本昌隆が口にしていた“ある予言”…渡辺明の戦略ズバリ“灼熱の名古屋決戦”のウラ側

この日、愛知県名古屋市の最高気温は37.7度に達していた。指し直しが始まり、夕暮れ時になっても気温は35度を超えたままである。暑さはまるで和らぐ気配がなかった。


【巨人】首位攻防戦をサヨナラ勝ちで6連勝 若林楽人が殊勲のサヨナラ打

◆JERA セ・リーグ 巨人3×―2DeNA(12日・東京ドーム) DeNAとの首位攻防戦をサヨナラ勝ちで制し、6連勝。先発の戸郷翔征投手は、5回に勝ち越しを許し6回7安打2失点で降板、8回に丸佳浩外野手のソロ本塁打で同点に追いつき、9回に若林楽人外野手がタイムリーを放ち、サヨナラで試合を決めた。 先取点は巨人。2回、先頭で打席に入った岡本和真内野手は初対戦...


「嘘つき」「出ていけ!」韓国代表監督に就任するホン・ミョンボの“裏切り”に蔚山サポの怒りが爆発!現地紙は「残酷な別れ」と報じる

およそ5か月に及ぶドタバタ劇に終止符が打たれた。難航していた韓国代表監督のポストに収まったのは、蔚山現代を率いるホン・ミョンボ氏だ。言わずと知れた韓国サッカー界のレジェンドであり、2013~14年以来2度目の指揮となる。 【PHOTO】9頭身の超絶ボディ! 韓国チア界が誇る“女神”アン・ジヒョンの悩殺ショットを一挙チェック! アジアカップ終了後にユルゲン・ク...


中日・立浪監督、「宏斗を最後までいかすか迷った」ライデルに交代は「嫌なことは早く払拭してもらいたいというのはあった」

◇12日 中日3-0阪神(バンテリンドームナゴヤ)


渋野日向子「全然、ダメだ」 ショットに手ごたえもグリーン上で苦戦

◇女子メジャー第4戦◇アムンディ エビアン選手権 初日(11日)◇エビアンリゾートGC(フランス)◇6523yd(パー71) 「全然、ダメだ」。この日は何度もグリーン上で悔しさを見せた。渋野日向子は1バーディ、1ボギー「71」で終え、イーブンパー52位。ショットが悪くない反面、パッティングでスコアを作れなかったことに深いため息を吐いた。 「本当にグリーン上が...


大谷翔平 1死満塁の絶好機で空振り三振 初球の内角球に厳しい判定 現地実況「これはひどい」打席で笑み浮かべ首を振る 敵地は大歓声に

「フィリーズ5-1ドジャース」(11日、フィラデルフィア) ドジャースの大谷翔平選手が1番・DHで先発出場し、二回の絶好機で迎えた第2打席は空振り三振に倒れた。 この回はロハスが二塁打で出塁。テイラーが四球を選び、ラックスも安打でつないだ。下位打線がつなぎ1死満塁で打席を迎えた大谷。初球のインサイドのフォーシームはややゾーンから外れていたがストライクのコール...


阪神・佐藤輝明は「ボールが見えすぎている」無風のドーム球場を追い風に

阪神・佐藤輝明外野手(25)は11日、12日の中日戦(バンテリンドーム)から始まるドーム6連戦に「涼しいので楽ですね。(ドームは風がないという問いに)それが一番うれしいです」とジョークを交えて答えた。10日のヤクルト戦(甲子園)では捉えた打球が浜風に押し戻されて二塁打に。それでも「ボールが見えすぎている」と語るほど状態はいい。〝無風〟のドームを追い風に、豪快...


サヨナラ劇で起きた“異例の光景”に「涙出た」 一目散に背後へ「最高すぎる」

サヨナラ打の京田に石井琢朗コーチが真っ先に駆け寄った ■DeNA 3ー2 中日(11日・横浜) DeNAの劇的勝利の裏で発生した感動的なシーンが注目されている。11日に横浜スタジアムで行われた中日戦で、京田陽太内野手が延長10回にサヨナラ中前打を放つと、真っ先に石井琢朗チーフ打撃兼走塁兼1塁ベースコーチが抱きついて祝福。ファンは「最高の師弟関係」などと胸を熱...


【阪神】岡田監督、判定に「ストライク言うたらストライクやん。ほなファールしたらええやんか」

<中日3-0阪神>◇12日◇バンテリンドーム 阪神打線が中日先発の高橋宏斗投手(21)にねじ伏せられ、6日DeNA戦(甲子園)から続いていた連勝は、4でストップした。中日の剛腕を前に8回までわずか3安打に抑え込まれ、11三振を喫した。 7回2死で内角低めの直球に見逃し三振を喫した佐藤輝明内野手(25)が、悔しそうに苦笑いするなど、審判の判定について聞かれた岡...


ド軍指揮官 4試合連続盗塁中の大谷翔平に「彼は私のレベルまで来たね(笑)」新記録樹立も予言!

ドジャースのデーブ・ロバーツ監督が、11日(日本時間12日)のフィリーズ戦前に取材対応し、大谷翔平投手(30)の新記録達成を予言した。 大谷は10日(同11日)の同戦初回に今季22盗塁目となる二盗に成功。07年松井稼頭央(ロッキーズ)、08年イチロー(マリナーズ=2度)に並ぶ、日本選手最長の4試合連続盗塁となっていた。 ロバーツ監督は日本生まれの選手として、...


中村紀洋さん、中日打撃コーチ時代のシーズン途中の配置転換劇の真相を語る

近鉄や中日など活躍した中村紀洋さん(50)が、元楽天監督で野球評論家の大久保博元さん(57)のYouTube「デーブ大久保チャンネル」に出演。中日で打撃コーチを務めていた時にシーズン途中で配置転換された経緯を語った。


パドレス松井裕樹、妻の石橋杏奈とドレスアップ姿がステキ! チャリティーイベントに出席…球団が公開

パドレスが11日(日本時間12日)、球団公式SNSを更新。球団チャリティーイベントの様子を公開した。 パドレスはインスタグラムにリール動画をアップし、それぞれドレスアップした選手やその家族らに「ベスト・ドレッサー」を尋ねる様子を紹介。その中でブラックスーツで決めた松井裕樹投手(28)もフェミニンな黒いサマードレス姿の妻で女優の石橋杏奈(32)を伴って現れ、「...


【阪神】和田豊2軍監督、森下翔太を2軍広島戦に帯同させず「残留」試合は9回に追いつきドロー

<ウエスタン・リーグ:阪神3-3くふうハヤテ>◇11日◇鳴尾浜 阪神和田豊2軍監督(61)が試合後、2軍調整中の森下翔太外野手(23)を12日からの2軍広島戦に帯同させないことを明言した。森下はこの日も実戦出場はなし。室内の練習などで調整を行った。 試合は先発の茨木秀俊投手(20)が6回7安打3失点。3点ビハインドのまま終盤戦に入ったが、8回に高寺望夢内野手...


渋野日向子のパットに海外実況席が興奮 5秒の沈黙→「イエース!」海外ファンも「エクセレント」

海外女子メジャー・エビアン選手権 海外女子メジャー第4戦・エビアン選手権が現地11日にフランス・エビアンリゾートGC(6527ヤード、パー71)で開幕し、渋野日向子(サントリー)は1バーディー、1ボギーのイーブンパーで52位発進した。全米女子プロゴルフ協会(LPGA)公式SNSは鮮やかに決めたバーディーパットをクローズアップ。海外ファンからは「エクセレント」...


【巨人】「岡本和真のレフトってのも」阿部監督、混セ抜け出しへ超攻撃的布陣を検討 坂本勇人、大城卓三と同時起用

混セ抜け出しへ、取っておきの策だ。巨人・阿部慎之助監督(45)が11日、岡本和真内野手(28)を左翼で起用する超攻撃的布陣を考えていることを明かした。


【阪神】接戦続きの岡田彰布監督「勝ち負けで全然ちゃうよ」球宴までに「1個2個、貯金つくれたら」一問一答

阪神・岡田彰布監督は11日、新大阪から遠征に出発した。12日から中日戦(バンテリンD)、15日から巨人戦(東京D)とビジターで6連戦を戦う。現在、2度の逆転サヨナラ勝ちを含む4連勝で、首位と0・5ゲーム差の2位。オールスターまでの残り9試合を「1個2個、貯金をつくれたら」と見据えた。西純矢投手の出場選手登録を抹消。12日から5年目の藤田健斗捕手が1軍に昇格す...


ソフトバンク山川穂高が天井直撃打!? 大飛球はファール判定

◆日本ハム-ソフトバンク(12日、エスコンフィールド北海道) ソフトバンクの山川穂高の打球がエスコンフィールド北海道の天井に直撃した。 4回の第2打席。初球の高めの変化球を振り抜くと、高々と打ち上がった打球は天井に直撃。ファールゾーンで三塁の郡司が直接捕球したが、判定はファールになった。その後は中飛に打ち取られた。 エスコンフィールド北海道の天井の高さはセカ...


【巨人】阿部監督がファンにお願い「『レフトへ放り込め、岡本』じゃなくて、『ライトへ一発、岡本』に変えて」…一問一答

◆JERA セ・リーグ 巨人3×―2DeNA(12日・東京ドーム) DeNAとの首位攻防戦をサヨナラ勝ちで制し、6連勝。先発の戸郷翔征投手は、5回に勝ち越しを許し6回7安打2失点で降板、8回に丸佳浩外野手のソロ本塁打で同点に追いつき、9回にトレードで西武から移籍の若林楽人外野手がタイムリーを放ち、サヨナラで試合を決めた。 【巨人・阿部慎之助監督の試合後のコメ...


岡田虎に翼 原口文仁の心揺さぶりナイン勇気づける〝真っすぐ〟な声出し 声出し役スタートからオール逆転で4連勝中!

阪神の話題をさまざまな角度から提供する「岡田虎に翼」(掲載不定期)。今回は6日のDeNA戦(甲子園)から試合前の声出し役を務め、すべて逆転勝ちの4連勝を支えている原口文仁内野手(32)を取り上げる。声出しや代打での勝負強さ、激走にもあらわれる原口の〝愚直さ〟が、チームメートの心を揺さぶり、勇気づけている。 切り取られたワンシーンに、真っすぐな思いが詰まってい...


レッドソックスのコーラ監督、猛打爆発の吉田正尚に「これが、我々が思い描く姿」

◆米大リーグ レッドソックス7―0アスレチックス(11日、米マサチューセッツ州ボストン=フェンウェイパーク) レッドソックスの吉田正尚外野手は、6番・DHで先発。初回に先制の右前2点適時打を放ち、6回に右中間に4号2ランを放つなど、4打数3安打で今季3度目の猛打賞を達成し、今季最多の4打点。打率は2割6分5厘となった。本来の姿を取り戻した吉田を、レ軍・コーラ...


<速報>渋野日向子は20mから2パットのパー発進 古江彩佳がボギーフリー「65」、竹田麗央「66」

<アムンディ・エビアン選手権 初日◇11日◇エビアンリゾートGC(フランス)◇6523ヤード・パー71>海外メジャー今季第4戦は初日の競技が進行中。メジャー3試合連続トップ10入り目指す渋野日向子が初日をティオフ。出だし1番をパーで滑り出した。 メジャーチャンピオンがずらり【写真】 午後1時12分(日本時間午後8時12分)...


ソフトバンク〝代魔神〟松本裕樹がまさかの2試合連続セーブ失敗 ロベルト・オスナ不在…10回に石井一成に同点悲弾

◆日本ハム―ソフトバンク(12日、エスコンフィールド北海道) ソフトバンクの松本裕樹が10回、同点弾を浴び、まさかの2試合連続でセーブに失敗した。 2―2の10回、途中出場の柳町達が今季1号の勝ち越しソロを放った。 守護神オスナが不在の中、満を持して代役守護神の松本裕がマウンドへ。1死を取ったところで石井一成に左中間へのソロを浴び、がっくりとうなだれた。 松...


大谷翔平「これはひどい」現地実況が叫んだ微妙な判定で狂ったか…4タコ2三振 バット真っ二つの異例シーンも ド軍4連敗&13年ぶりの屈辱

「フィリーズ5-1ドジャース」(11日、フィラデルフィア) ドジャースの大谷翔平選手は「1番・DH」で先発出場し、4打数無安打2三振に終わった。チームはナ・リーグ東地区首位のフィリーズに痛恨の3連敗。今季2度目のスイープをくらった。 分岐点は1点を追う二回1死満塁で迎えた第2打席だった。ノラが投じた初球、インサイドのボールはストラークゾーンの枠から外れていた...


炎鵬「覚悟はできている。何を言われても自分の人生」首の大けがから1年2カ月ぶり復帰へ決意

序ノ口からの再出発-。167センチ、100キロ足らずの小兵で技能賞も獲得するなど、幕内土俵を沸かせた炎鵬(29=伊勢ケ浜)が1年2カ月ぶりに本土俵に復帰する。 11日、名古屋市の部屋で、名古屋場所(14日初日、ドルフィンズアリーナ)に向けた本格的な稽古を打ち上げた後、昨年夏場所10日目から途中休場して以来の復帰を明言した。最高位は東前頭4枚目。首の大けがで西...


大相撲 尊富士は休場 全休の夏場所から2場所連続 新入幕Vから悲劇 大相撲名古屋場所取組編成会議

大相撲名古屋場所(14日初日、ドルフィンズアリーナ)の取組編成会議が12日、同所で開かれ、初日の取組が決まった。 春場所で110年ぶりとなる新入幕優勝を果たした十両尊富士(伊勢ケ浜)は休場することになった。 尊富士は春場所14日目に右足首の靱帯(じんたい)を損傷。夏場所は全休し、十両に転落していた。今場所も全休すれば、幕下への転落が確実となる。


初優勝から最速十両転落の尊富士は初日から休場…途中出場する見込み 関取衆との実戦稽古再開できず

日本相撲協会は12日、大相撲名古屋場所(14日初日、愛知・ドルフィンズアリーナ)の取組編成会議を開き、初日の全取組を発表した。東十両2枚目の尊富士(25=伊勢ケ浜部屋)は、初日からの休場が決まった。 尊富士は春場所で初土俵から所要10場所での史上最速優勝(付け出し除く)という歴史的偉業を成し遂げたが、14日目の取組で右足首の靱帯を損傷して翌夏場所は全休。優勝...


【ロッテ】佐々木朗希 1軍復帰のメド立たず 吉井監督「1軍のスケジュールはまだ決めてない」

右上肢のコンディション不良で離脱中のロッテ・佐々木朗希投手について、吉井監督は復帰のめどが立っていないと明かした。球宴まで残り9戦。前半戦での復帰見込みについて問われ、「1軍のスケジュールはまだ決めてない。2軍の方で『本当に行ける』となってから決めようと思っているので、これから」と説明した。 6月8日の広島戦(マツダ)で6回3安打1失点で今季5勝目を挙げたが...


「ええっ、マジですか」藤井聡太と渡辺明の王位戦“まさかの千日手”に副立会人も驚き…中継に映らない現地のリアル「先生、戻らなくていいんですか?」

「ええっ、マジですか。驚いた……」大盤解説会の壇上に立つ高見泰地七段は、後手番の渡辺明九段が指した72手目にそんな声をあげた。


春場所で新入幕優勝の尊富士、夏場所に続き名古屋場所も休場 全休なら幕下転落の可能性、途中出場を模索か【大相撲】

日本相撲協会は12日、大相撲名古屋場所(14日初日、ドルフィンズアリーナ、中日新聞社共催)の取組編成会議を同所で開き、初日と2日目の取組を決めた。春場所で新入幕優勝を果たすも、同場所終盤で右足首を痛めた影響で夏場所を全休した十両尊富士(25)=伊勢ケ浜=は、初日から休場する。


【速報】渋野日向子はイーブンパー 初日「71」

◇海外女子メジャー◇アムンディ エビアン選手権 初日(11日)◇エビアンリゾートGC(フランス)◇6523yd(パー71) 3年連続3度目の出場となる渋野日向子は前半アウトをパープレイで折り返した。13番(パー4)は2オンも1.5mのパーパットが左に外れてボギー。それでも続く14番(パー3)は5mを決めてバーディのバウンスバック。 最終18番(パー5)はティ...


フィリーズ指揮官 ド軍スイープのカギは“大谷翔平封じ” 満塁機で三振にベンチの雰囲気は…

◇ナ・リーグ フィリーズ5―1ドジャース(2024年7月11日 フィラデルフィア) フィリーズのアーロン・ノラ投手(31)が11日(日本時間12日)、本拠でのドジャース戦に先発。6回4安打1失点、9奪三振と好投し、リーグ2位の今季11勝目を挙げた。ポストシーズンで対戦する可能性のあるナ・リーグ西地区首位のドジャースをスイープし、チームに本拠通算900勝の節目...


勝手に決まった中日入り「おかしい」 契約金交渉も蚊帳の外「親の操り人形みたい」

法元英明氏は関西大を3年で中退…1956年に投手として中日入団 気がつけば家で中日の話がよく出ていた。7月25日の中日OB戦「DRAGONS CLASSIC LEGEND GAME2024」で総監督を務める法元英明(ほうもと・ひであき)氏は関西大を3年で中退し、1956年に左腕投手として中日に入団した。南海に誘われた時は固辞したが、家庭の事情でプロ入りを決断...


【函館2歳S】厩舎の話

◆ヴーレヴー・南井助手「調教では折り合いやテンションは大丈夫。レース慣れすれば」 ◆エメラヴィ・横山武騎手「新馬戦がいい内容。今回もいい動きをしてくれると思います」 ◆エンドレスサマー・天田助手「前走は思っていた以上にスタートが速かった。前走と同じぐらい走れる状態」 ◆オカメノコイ・松倉助手「連闘は問題ない。テンションが上がるので対策はします」 ◆カルプスペ...


巨人獲得の27歳新外国人が変幻自在布陣のカギ 阿部監督「反対方向に打てる」と好印象…起用ポジションは

巨人は11日、新外国人として前ロッキーズ3Aアルバカーキのココ・モンテス内野手(27)との契約合意を正式発表した。背番号は39。二遊間を守れる強打の右打者で、阿部監督は遊撃、三塁などで使う構想を明かした。 巨人入団が正式決定したモンテスは球団を通じ「伝統ある名門球団の一員になれることを大変光栄に思います。全力を尽くしてチームの勝利に貢献し、皆さんと最高の夢を...


【阪神】岡田彰布監督、計12三振の攻撃陣に大苦言「三振は何も起きないって。簡単なことよ」…一問一答

◆JERAセ・リーグ 中日3―0阪神(12日・バンテリンドーム) 阪神・岡田彰布監督が、計12三振を喫した攻撃陣に大苦言を呈した。高橋宏が投じる最速157キロの直球に押し込まれ、右腕から11三振を奪われた。連勝は「4」でストップ。村上は今季6敗目を喫した。 以下、監督の一問一答。 ―高橋宏の真っすぐをなかなか打てなかった。 「いやそんなん、いつも言ってること...


西武の来季監督は辻発彦氏が最有力? 株主は「勝てる監督を」、 選手からは「戻ってきてほしい」の声

我慢強く応援していたファンが怒りを露わにした。


阪神・岡田彰布監督、最高の投手で祝う! 甲子園100周年特別ローテ組む!! 8・1へ向けた巨人との「世紀の3連戦」で

もちろん、特別よ! 阪神・岡田彰布監督(66)が11日、12日からの中日3連戦(バンテリンドーム)へ向け新大阪駅から名古屋入り。球宴までの残り9戦に全神経を傾けつつ、甲子園開場100周年を記念して行われる7月30日からの巨人3連戦(同)には「100周年ローテ」を組む異例のプランを明かした。誰より阪神を思う虎将は、本拠地が迎える節目を華々しく勝利で飾るために、...


渋野日向子はダブルボギー発進から71と巻き返す 「あとボール1個分が…」「すごく悔しい一日」

◆米女子プロゴルフツアー メジャー第4戦 エビアン選手権 第2日(12日、フランス・エビアンリゾートGC=6527ヤード、パー71) 52位から出た渋野日向子(サントリー)は3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの71で通算イーブンパーで予選通過圏内でホールアウトした。 出だしの10番パー4で、第1打を右に曲げ、ラフからの第4打もグリーンに乗せられず、5オン...


大谷翔平の元同僚「あっ翔平って言っちゃった」と解説で興奮 技あり打に「ビール3杯確定です」

<フィリーズ-ドジャース>◇10日(日本時間11日)◇シチズンズバンク・パーク 元日本ハムでタレントの杉谷拳士氏(33)が、ABEMAで解説を務め、ドジャース大谷翔平投手(30)の技あり打に興奮した。 大谷は1-2の5回1死一、三塁。左腕サンチェスの内角ツーシームをコンパクトに左中間へ運び、同点の適時打を放った。打球速度は89・8マイル(約145キロ)だった...


球宴ユニは「買う気が失せる」 大谷翔平も着用するのに…珍しいデザインに米で批判の声

日本選手の4年連続スタメン入りはイチロー以来、2人目の快挙 ドジャースの大谷翔平投手は、16日(日本時間17日)に行われるオールスターゲームに「指名打者」で先発出場する。日本選手の4年連続スタメン入りはイチロー以来、2人目の快挙だが、着用するユニホームを巡ってファンからは厳しい声が相次いでいる。 グローブライフ・フィールド公式X(旧ツイッター)が「新発表」と...


【阪神】岡田監督「いびつなやつはずっといびつで行った方がええやんか」ビーズリー中9日/一問一答

阪神岡田彰布監督(66)が奪首への布石を打った。 12日からの中日3連戦(バンテリンドーム)に備えて、メンバーの入れ替えを決定。高卒5年目の藤田健斗捕手(22)をプロ初めて1軍に昇格させる。捕手3人体制を敷くことで代打の切り札・原口文仁内野手(32)らの積極的な代打策を可能にした。9日ヤクルト戦(甲子園)では異例の4連続代打でサヨナラ勝ち。攻めダルマと化した...


<速報>岩井明愛がメジャー記録タイのハーフ「29」 古江彩佳は3連続バーディ発進で単独首位浮上

<アムンディ・エビアン選手権 2日目◇12日◇エビアンリゾートGC(フランス)◇6523ヤード・パー71>海外女子メジャーの今季第4戦は第2ラウンドが進行中。岩井明愛が後半のアウト(ハーフ35)で「29」をたたき出した。ハーフ「29」はメジャー歴代最少タイ記録。1イーグル・5バーディ・1ボギーの「65」で回り、トータル5アンダー・15位タイにつけている。 ...


渋野日向子7打差52位発進、パット苦戦も「ショットの感覚悪くない」古江彩佳1打差4位好発進

<米女子ゴルフツアー:エビアン選手権>◇第1日◇11日◇フランス・エビアン・リゾートGC(6527ヤード、パー71) 渋野日向子(25=サントリー)は1バーディー、1ボギーのイーブンパー71で回り、首位と7打差の52位タイ発進となった。 「グリーン上がもったいない。ここのグリーンは少し読みにくい。苦手意識があった」 紺のミニスカートのゴルフウエアで登場した渋...


大谷翔平 二盗直後に手袋をブンブン 米メディアが滑り込んだ直後の行動に注目「いつも手袋をきれいに」

「フィリース4-3ドジャース」(10日、フィラデルフィア) ドジャースの大谷翔平選手が初回2死から4試合連続盗塁となる二盗を成功させた。直後の大谷の仕草が「ニューセレブレーション」として米メディアが注目した。 初回先頭の第1打席で右前打を放って出塁した大谷。2死後、鮮やかに二盗を成功させた。二塁へスライディングした際に左手の手袋に砂が入ってしまったのか、ベー...


「俺の方が頑張るわ」ソフトバンクの育成24歳、トレード移籍した同級生の活躍を刺激に変えて

ソフトバンクの育成2年目、西尾歩真内野手(24)がチームを離れた同学年の仲間からもらった刺激を胸に、活躍を誓った。 西武にトレード移籍した野村大樹内野手(23)は、そろって食事にも出かけるほどの仲良しだった。新天地で活躍する姿に刺激を受けながら「思い切ってやるだけ」と強調した。自身は8日から2軍に参加しており、12日は福岡県筑後市のファーム施設でバットを振り...


ソフトバンク、今宮健太が投手強襲の適時打で先制 吉田賢吾が激走生還 スチュワートを援護

◆日本ハム-ソフトバンク(12日、エスコンフィールド北海道) ソフトバンクが今宮健太の投強襲安打で先制した。 0-0の投手戦が続く5回、先頭の吉田賢吾が中前打で出塁。甲斐拓也の犠打などで2死二塁となった。今宮健太が放った打球は加藤貴のグラブをはじき、一、二塁間に転々と転がった。その間に二塁走者の吉田が全力疾走でホームへ。相手二塁がボールを拾い、ホームに送球し...


井上尚弥&武居由樹 16日に次回世界戦発表会見 レミノが無料生配信

大橋ボクシングジムは12日、世界スーパーバンタム級4団体統一王者の井上尚弥(31=大橋)とWBO世界バンタム級王者・武居由樹(27=同)の次回世界戦に関する記者会見を16日午後1時から行うことを発表した。 会見では大橋ジムの大橋秀行会長が試合概要を説明し、出席予定の井上と武居が次戦への意気込みなどを語る。両者はともに5月6日に東京ドームで行われた世界戦に出場...


巨人、サヨナラ勝ちで6連勝!仁志敏久氏「ミスがなかった」

○ 巨人 3x - 2 DeNA ● <11回戦・東京ドーム> 巨人が12日のDeNA戦、若林楽人の適時打でサヨナラ勝ちを収め、連勝を6に伸ばした。 巨人は1-2の8回に丸佳浩の第8号ソロで同点に追いつくと、2-2の9回に若林の適時打でサヨナラ勝ち。 12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA』でゲスト解説を務めた仁志敏久氏は試合後...


「言われたところでしっかりやるだけ」巨人・岡本和真は今季一度も出場のないポジションでも心の準備OK

巨人・岡本和真内野手(28)が11日、どの守備位置でも役割を全うする決意を示した。阿部監督がファーム調整中だった坂本が1軍復帰することで、左翼で起用する可能性も示唆。一塁と三塁で起用されてきた主砲は「言われたところでしっかりやるだけだと思っている」と、任されたポジションで全力を尽くす意気込みを口にした。 今季はここまで一塁で64試合、三塁で16試合にスタメン...


7月絶好調の巨人・大城卓三が1か月ぶり捕手で先発起用へ 「和真ファースト、勇人サード」阿部監督が明言

巨人は11日、新外国人として前ロッキーズ3Aアルバカーキのココ・モンテス内野手(27)との契約合意を正式発表した。背番号は39。二遊間を守れる強打の右打者で、阿部監督は遊撃、三塁などで使う構想を明かした。12日のDeNA戦(東京D)では一塁に入って打撃好調の大城卓を約1か月ぶりに捕手で先発起用すると明言。一塁、三塁、左翼を守れる岡本和を含めて強力な超フレキシ...